2013年07月22日

詐欺被害!

お金に困っている時に、ダイレクトメールやポスティング広告、融資案内の電話がきたら、よく考えずに申込みをしてしまうこともあると思います。

闇金の勧誘手口はダイレクトメールやチラシ、携帯電話への勧誘電話がほとんどです。
(他にはFAXやスポーツ紙の三面広告、知り合いからの紹介といったものもあります。こちらも注意してくださいね。)

申込みをすると、名前や連絡先、口座番号、職場、家族構成などを細かく聞かれ、だいたい1週間から10日後に返済日が決まり、お金を貸してくれます。もちろん高金利です。
気をつけて欲しいのはすんなり貸してくれない貸金業者です!
闇金の中には詐欺業者もいるんです。

申込み時に「登録朗が必要」、「保証金を用意してほしい」、「後から返金するが、新規は返済能力をみるため、最初に○万振り込んでほしい」といった最初にお金を要求する貸金業者は詐欺の可能性大!です。

申込みの途中でおかしいと思ったら、キャンセルしましょう。
お金を振り込んでしまったら、相手の業者が逃げる前に法律の専門家や警察に相談して下さい。

詐欺にあわなかったとしても、金利が高いと思ったら闇金に詳しい法律の専門家へ聞いてみて下さい。
無料相談を実施している専門家の窓口なら、費用を気にせず相談出来ます。

初めての相談でも親身になって聞いてくれるから安心です。ぴかぴか(新しい)
ヤミ金被害で困ったら『ウォーリア法務事務所』
「違法な取り立てからあなたを守ります」ヤミ金対応の『ジャパンネット法務事務所』
posted by ichi at 14:58| 闇金の手口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。