2013年08月12日

ヤミ金融対策法について1

現在、深刻な社会問題となっている闇金被害を対処すべく、15年7月25日、貸金業規制法及び出資法の一部改正法(いわゆるヤミ金融対策法)が成立しました。
ヤミ金融対策法の主な内容は、以下のとおりです。

1.貸金業の登録審査の強化、登録要件の厳格化等

(1) 登録時に運転免許証や旅券等の写しを提出させることにより本人確認が強化されました。

(2) 暴力団関係者、財産的基礎を有しない者等は登録を受けられないことになりました。
なお、財産的基礎を有する者とは、以下の純資産を有する者です。




法 人(日賦貸金業者を除く)500 万円以上
個 人(日賦貸金業者を除く)300 万円以上
日賦貸金業者150 万円以上



(3) 登録免許税、登録手数料が引上げられました。




財務局登録業者登録免許税9万円→15万円
登録更新手数料4.3万円→15万円
都道府県知事登録業者登録手数料
登録更新手数料
標準手数料政令で15万円と規定






ヤミ金解決のジャパンネット法務事務所

「違法な取り立てからあなたを守ります」ヤミ金対応の『ジャパンネット法務事務所』
posted by ichi at 09:54| 闇金に関する法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする